TOPICS

毛髪の水分バランス

毛髪が何で構成されているかご存じですか?

 

普段、髪が何で構成されているか考えることは、あまりありませんが、

髪内部のバランスが整っていると、スタイリングのしやすさや、

仕上がりにも差が出ます。

 

特に髪内部が乾燥しパサついた髪は、疲れた印象を与えてしまうので、

丁寧にケアをしていきたいところ。

 

毛髪の正しい知識を持つことによって、

日々行っているケアの意識が変わります。

 

今回は毛髪の知識と併せて、潤ってツヤのある美しい髪に導く

おすすめのケア方法をお伝えいたします。

 

 

 

標準毛の構成要素と水分の割合

 

 

髪の基礎知識(日本人の標準毛)

 

■毛髪の本数:約10万本

■毛髪の太さ:0.08mm

■1ケ月の成長速度  :約1cm

■毛髪の含水量:約12%

■ヘアサイクル(成長期)女性:4~6年

            男性:3~5年

 

毛髪の構成として約8割を占めるのはタンパク質です。

厳密には、18種類のアミノ酸が結合してできた

「ケラチン」と呼ばれるタンパク質から構成されています。

タンパク質が不足すると、髪の毛が細くなったりハリやコシを失ったり、

髪が生えにくくなったりする原因となります。

 

ヘアケアでタンパク質を補うことはよく耳にしますが、

忘れられがちなのが、タンパク質の次に多い水分です。

 

このように毛髪を構成する上で欠かせない水分ですが、

実は不足しがちで、乾燥状態にあることが多く、

髪のダメージやパサつきの原因となったり、

ツヤの低下など見た目の印象にも影響を与えてしまいます。

 

髪内部の水分不足を補うケアをすることで、

髪悩みの解決にも繋がるかもしれません。

 

スキンケア発想のラ・カスタ式「ダブル保湿」

 

 

年齢を重ねると肌と同じように、髪の水分保持力も低下します。

そのため髪内部の乾燥が進みやすくなり、ダメージだけでなく

エイジングサインも目立ちはじめてきます。

また、加齢に伴い、髪そのもののハリや弾力に影響する

タンパク質や水分・油分も減少するため、丁寧にケアをしても

髪ダメージが改善しにくくなります。

 

ケアの効果が実感しにくいと感じたら、

髪の外側のケアだけではなく、髪内部を整える、

スキンケア発想のラ.カスタ式「ダブル保湿」でケアしましょう。

 

ラ.カスタ式「ダブル保湿」とは、スキンケアのように、

まず水分を補給する髪の化粧水(ヘアエステ CMCコンディショニング ローション)で

髪内部を補修し、化粧水で補った水分などを逃さないように

油分(ヘアエステ スリーク エマルジョン/ヘアエステ コンフォート オイル)で

蓋をすることです。

 

水分不足の髪にこそ、ラ・カスタ式「ダブル保湿」を。

髪の内部と外側をケアし、

しなやかでツヤと弾力のある美しい髪へ導きましょう。